QDA法(6)準備ができたらデータ収集!

QDA試験前にすべきことは、これまで出現した用語の整理や、セッションで用いるサンプル数(食品であれば6〜8検体)、サンプル量、提示間隔など試験プロトコルの確立です。

パネルリーダーが、評価の仕方に関して統制を図ります。また、用語の定義を完成させることは重要です。もし、重複する意味の複数の用語をひとつにまとめるときは、除かれた用語を残された用語の定義に加えることができます。

そして、いよいよ本試験です。
QDAのトレーニング後は、できるだけ期間をあけないでデータ収集を行うことが望ましいです。人の記憶は覚えるのに時間がかかる割に、忘れるのはあっという間ですから。本試験では、モナディック(単一のサンプルのみを試験する)法でデータを収集します。

ひとつのサンプルとスコアカードを提示し、その評価後に両方回収してから次のサンプルとスコアカードを渡します。最近では、FIZZのような官能評価ソフトウェアがあるので、利用することでペーパーレスで試験が行えますし、回答漏れを防ぐこともできます。

サンプルの提示順序は、複数刺激の順序効果を防ぐためにパネル内でランダマイズ化します。そして、試験は必ず繰り返し(通常3回〜4回)行います。その分、時間はかかるため省略されがちですが、分散分析での誤差と交互作用(サンプルxパネル)を分離するために必須です。

QDAtest

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。
旧年は、途中でブログの更新頻度が減ってしまいましたが、今年は、なんとか挽回していきたいと思います。どうぞ本年もよろしくお願い致します。

さて、新年の幕開けと同時に、アルファ・モス・ジャパンの第9期がスタートします(今期から決算月が12月に変更となりました)。心新たに、官能分析手法の普及にさらに努めていきたいと思います。

アルファ・モス・ジャパンのミッションは、知覚の評価における機器分析と官能評価の科学的な融合です。昨年も、国内外の学会やセミナーで香りや風味の機器分析や官能評価事例を発表してきました。お陰様で、ユーザー様の具体的な成功ケースも増えてきています。
http://www.alpha-mos.co.jp/event/index.html

2016年上期には、次のようなプログラムを予定しています。

1月27日 TMS研究会
「イオン分子反応質量分析計の概要とリアルタイムガス、におい分析への応用」
2月3日 北海道食品加工研究センターセミナー
「におい分析の最新技術と食品開発・品質管理への活用事例」
3月上旬 Herbert StoneによるQDAワークショップ
5月18日〜 ifia JAPAN 2016
6月5日〜 ISOT2016
17th International Symposium on Olfaction and Taste
6月上旬 アルファ・モスユーザーフォーラム

今年も多くの場で、皆様とお会いできることを楽しみにしております!
SeasonsGreetings2016blog