いつでも、どこでも、簡単に官能評価ブースが作れます!

官能評価の5つの資源、ご存知ですか?

[1] パネリスト
・・・言うまでもなく、誰を使うか、その選抜は非常に重要です。偶然以上の確率で識別ができないパネリストを使うと、ベータリスク(本当は違いがあるにも関わらず、違いがないと誤った結論を導くリスク)が高まります。前回ご紹介したフレーバースタンダードが、選抜試験や、パネルの継続的なトレーニングのお役に立ちます。

[2] 手法
・・・目的に応じて、どのような試験を採用するか、評価手法によって得られる情報が大きく異なります。1つの手法であるQDAは、製品の官能的特徴を記述し、かつ定量的に数値化ができ、消費者嗜好データや機器分析データとの相関づけにも有用です。

[3] サポートサービス
・・・いわゆるデータ収集、または解析用のソフトウェアなどです。最近は、TIやTDSなどの経時的な評価手法のニーズの増加なども講じて、官能評価ソフトウェア FIZZのユーザー数が増加中です。

[4] 予算と承認
・・・どんなに担当者レベルで官能評価の必要性を感じられていても、社内における認知、理解、そして十分な予算がないと、試験ができません。日本では、残念ながらここが意外と高い壁であったりします。

[5]
そして、5つめは・・・今回のテーマである官能評価ブース、つまり「施設」です。必ずしも、分析型官能評価をブースで行う必要はなく、製品に応じてレストランや野外など、実際に使用する場面で行うこともできます。しかし、できるだけ統制をとった試験を行うためには、管理された空間も大切です。

国内では、スペースの問題、また高い工事費などが理由で、なかなか常設した官能評価ブースをたてることができません。そこで、The Lab in the Bagのポータブルブースであれば、使いたい時に、使いたいところに組み立てるだけで、すぐに官能評価が実施できます。テーブル上で簡単にパーティションを組むものから、孤立したブースまで、ブースの種類は豊富で、照明やシンクなどのオプションまでも用意されています。

5つめの資源、満たされていますか?