臭い!硫黄化合物の高感度分析

硫黄化合物の多くは、嗅覚閾値が低く、わずかな量で不快な臭いを呈するほか、それらが純ガスや反応ガスに混ざることでその品質に影響を与えることがあるため、食品や環境、また化学工業など多くの分野において管理対象となっています。

一般的には、ガスクロマトグラフ(GC)で分離したあと炎光光度検出器や、質量分析計を検出器として分析されますが、ヘリウムや水素などを要するうえ、定期的な校正が必要となるため、使用にあたって設置場所、オペレータのスキルが条件となります。さらに濃縮が必要であったりと、硫黄化合物の測定に、結構困っている方が多いのではないでしょうか?

Chromatotec(フランス)が開発したtrsMedorは、独自の技術による湿式検出器を用いて、各種硫黄化合物をppbレベルで検出します。しかも、前処理要らずで、分析時間もわずか10分程度。また、パーミエーションチューブを内蔵しているため、校正も自動化され、さらに窒素ジェネレータを接続することで、ボンベも使いません。

ラボだけでなく、現場でも簡単に使える硫黄選択的GC、様々な硫黄化合物の定量のための新しいツールが登場です!