周りのにおいは大丈夫?

オフィスやレストラン、ホテルなど、人が大勢が集まる場所でのにおいは、不快感を与えるだけでなく、職場であれば、仕事の生産性を下げることにもなります。加齢臭や汗臭のような体臭や、香水も適量以上に使えば、周囲にとっては悪臭です。

においの感じ方や好みは、個人で異なり、またにおいの発生源である本人は気づかないことが多いです。そこで、客観的ににおいを測ることができるデバイスを室内に備え付け、臭気変化を監視することで、「スメルハラスメント」に対策する試みが増加しています。

RUBIX PODは、50m2以上の範囲のにおい、空気質をマルチガスセンサーを使って連続的に監視するだけでなく、温度、湿度、騒音、照度、振動、微粒子などを同時に測定します。

データは、すべてクラウドのソフトウェアに10秒ごとに記録され、各項目の許容範囲を越えると、SMSやEメールで管理者にアラームが送信されるので、換気をよくしたり、空調をつけたりなど、すぐに対策を施すことができます。

さらに、その環境にいる人々の主観的な感情(臭すぎる、暑すぎる、騒がしすぎる・・・)をQRコードで反映させることもできます。客観的な測定値に加え、個人の感情を記録することで、どのような状態が、人を不快にさせるかを明確にします。

RUBIX PODは、快適さを指数化し、においを中心とした複合的な環境要因を視覚化します。ウェルビーイングの取り組みが盛んになっている今、その向上に役立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です