官能分析でペットの好みを解明!

ペットの家族化が進むに連れ、ペットフード業界では製品の品質向上にますます注力しています。

ペットの飼い主は、自分の子供のように接する動物のための食品選定に厳しくなっており、自分が食べるもの以上に栄養価に敏感であると報告している論文もあります。これは、親がその子供達のための食事を選ぶ関係と似ているようです。親子関係と飼い主とペットの関係の類似点は、それだけではありません。小さい子供たちと同じように、ペットも言葉で自分を表現することはあまり得意ではありません。

そこで、官能分析が行われます。
Acceptation testやPreference testを利用して、官能分析ではペットの期待を理解することを可能にします。動物の味覚と嗅覚は非常に鋭く、それらの好みは私たち人とはかなり異なります。

たとえば、猫は甘い味が好きではありませんが、脂肪とうま味が大好きです。犬は腐敗の匂いが大好きですが、飼い主がこの種の臭いを発する製品を好まないことは明らかです。ペットフードに関する官能分析をペットだけでなく、飼い主にも適用することにより、お互いの好みのバランスを見つけることも可能となります。
(弊社パートナーSensoStat社から引用)

▼官能分析システムによる:
ペットフードのベンチマーキング
ペットフードの異臭の定量と品質管理